ホーム 各国の動き

各国の動き

中国のコーヒーチェーン、2025年ケージフリーへ

中国のコーヒーチェーンであるZOO GROUPが2025年までに使用する卵をケージフリー卵に切り替えることを発表した。...

中国の畜産動物福祉の動向

法律・ガイドライン 法律 畜産法(2006年)豚屠殺管理条例(2008年)豚屠殺実施方法管理条例(2008...

インドネシア ISMAYA GROUPが2028年までにケー...

インドネシアで20ブランド60店舗を持つ外食企業ISMAYA GROUPが動物保護団体との交渉の末、ケージフリーに移行...

マサチューセッツ州、採卵鶏・子牛・繁殖豚の拘束飼育禁止

2016年11月8日、採卵鶏・子牛・繁殖豚を狭い空間で飼育することを禁じる法案が、米マサチューセッツ州で77%以上の住...

OIE陸生動物衛生規約 第7.10.章 アニマルウェルフェア...

OIEは獣医師が集まり科学的根拠を持って、また世界のレベルに合わせながら国際基準を作っており、畜産後進国である日本にと...

OIE陸生動物衛生規約 第7.5章 動物のと殺(日本語訳)

OIEの動物福祉規約「動物のと殺」の仮訳を掲載します。仮訳と言ったのは、本来この規約の翻訳公開はOIEに批准している日...

タイのファーストフードは次々ケージフリーへ

2020年、バーガーキングは、タイの全店舗(112店舗)で扱う卵を2027年までにケージフリーにすることを発表しました...

OIE陸生動物衛生規約 第7.13章 アニマルウェルフェアと...

2018年5月25日、OIE(世界動物保健機関)は、陸生動物規約の中の動物福祉規約「アニマルウェルフェアと豚生産システ...

OIE陸生動物衛生規約 第7.1 章 アニマルウェルフェアの...

OIEは獣医師が集まり科学的根拠を持って、また世界のレベルに合わせながら国際基準を作っており、畜産後進国である日本にと...

台湾、卵の殻にバタリーケージの表記を義務付ける

2021年9月、台湾当局は、初めてバタリーケージの卵にも飼育方法の開示を義務付ける新しい食品トレーサビリティ規制を発表...

MOST POPULAR

HOT NEWS