ホーム 各国の動き

各国の動き

インドネシア ISMAYA GROUPが2028年までにケー...

インドネシアで20ブランド60店舗を持つ外食企業ISMAYA GROUPが動物保護団体との交渉の末、ケージフリーに移行...

肉用鶏の敷料管理:欧米での改善策

敷料は鶏が一生触れている物であり、その管理は非常に重要である。一番の問題は湿った敷料で、接触性皮膚炎、胸部水疱、寄生虫...

台湾、卵の殻にバタリーケージの表記を義務付ける

2021年9月、台湾当局は、初めてバタリーケージの卵にも飼育方法の開示を義務付ける新しい食品トレーサビリティ規制を発表...

オレゴン州は、2024年からケージ飼育禁止とケージ飼育の卵の...

2019年8月12日、オレゴン州は卵の販売と卵の生産に関する条例を改定し知事が署名しまし。その条例では、2024年以降...

OIE陸生動物衛生規約 第7.10.章 アニマルウェルフェア...

OIEは獣医師が集まり科学的根拠を持って、また世界のレベルに合わせながら国際基準を作っており、畜産後進国である日本にと...

ワシントン州ケージ飼育の卵の販売・生産禁止を決定

2019年5月7日、ワシントン州知事は、採卵用の鳥(鶏だけでなくアヒルや七面鳥やホロホロ鳥など含め)をケージで飼育する...

イスラエルの全ての鶏は2038年以降、ケージに閉じ込められま...

2022年6月20日、イスラエル政府は鶏たちにとって重要な動物福祉規則を全会一致で可決しました。2037年までに、ケー...

中国の畜産動物福祉の動向

法律・ガイドライン 法律 畜産法(2006年)豚屠殺管理条例(2008年)豚屠殺実施方法管理条例(2008...

OIE陸生動物衛生規約 第7.13章 アニマルウェルフェアと...

2018年5月25日、OIE(世界動物保健機関)は、陸生動物規約の中の動物福祉規約「アニマルウェルフェアと豚生産システ...

OIE陸生動物衛生規約 第7.5章 動物のと殺(日本語訳)

OIEの動物福祉規約「動物のと殺」の仮訳を掲載します。仮訳と言ったのは、本来この規約の翻訳公開はOIEに批准している日...

MOST POPULAR

HOT NEWS