屠殺場での長期係留に利点はあるのか?

北海道帯広食肉衛生検査所らが2010-2011年に実施した「と畜場の繋留所における家畜の飲用水設備の設置状況」調査によ...

EUディレクティブ:殺害時の動物の保護(と畜)

と畜時の動物保護に関するEUディレクティブを、アニマルライツセンターでは一部具体的な条項の翻訳を行い公開します。ボラン...

空気コントロール スタニング(麻酔)~電気スタニングの代りに...

日本では鶏の屠畜の際に電気ショックで気絶させるのが主流だが、世界は空気コントロールによる麻酔に移行している。空気コント...

OIE陸生動物衛生規約 第7.5章 動物のと殺(日本語訳)

OIEの動物福祉規約「動物のと殺」の仮訳を掲載します。仮訳と言ったのは、本来この規約の翻訳公開はOIEに批准している日...

豚の二酸化炭素によるスタニングは豚をひどく苦しめる

世界動物保健機関(OIE)の陸生動物衛生規約第7.5 7.4条で、屠畜における豚の二酸化炭素スタニングは動物を苦しめる...

豚の水分不足による食塩中毒を防ぐ

豚は一日体重 1kgあたり100mlの水を飲み、暑い日には3倍になります。屠殺場にくる豚の多くは体重約115㎏であるた...

と畜場ですぐにできるアニマルウェルフェアの改善:飲水

飲水設備がない・または過密で飲めない と畜場の多くは、「シャワーの⽔を飲⽤⽔の代わりにしている」としているが、実際に...

MOST POPULAR

HOT NEWS