ブロイラーの福祉問題の解決方法

急激な成長

現れる問題の特徴

低い歩行能力、歩行困難、生理・代謝障害(例、腹水症、突然死症候群)、低い歩行能力と不活発による低い活動レベル

解決策

  • ゆっくりした成長品種の利用(1日35g未満の緩やかな成長速度、または1日50g未満中間成長速度)
  • 成長率に関連する健康と福祉結果を観察する
  • 自然光&環境エンリッチメントの提供

過密

現れる問題の特徴

高い飼養密度は低い歩行能力、抑制された行動の自由、劣悪な敷料状態、熱ストレスの原因を招く、自然行動が発現されない

解決策

  • 飼養密度を1羽2.5kg当たり30kg/㎡均一な率に制限する
    ※空間許容は相対成長に計算されるべきである(例、1羽1.5kg当たり25kg/㎡)

エンリッチメント欠乏を含む、乏しい環境条件

現れる問題の特徴

快適温度範囲外の温度または変動、様々な成長周期段階に不適切な相対湿度、自然行動が発現されない、劣悪な大気環境、湿った敷料、低い活動レベル、趾蹠皮膚炎、呼吸器問題

解決策

  • 屋外アクセス:自然光や自然環境にふれること、自分で探索し捕食すること
  • 鶏舎は十分な通気性&隔離及び清潔な乾燥した寝わらを提供する:自然光、わらの塊、止まり木、つつき対象物の提供
  • 気候や天敵からの保護は屋外エリアでも提供されなくてはならない:例、木々、低木、人工の小屋、日陰

意欲的な自然行動への欲求不満

現れる問題の特徴

採食不足(探索・つつき・引っ掻き・摂食が不足する)、自分の体のメンテナンス不足(砂浴び・羽繕い・伸び・翼の羽ばたき・休息が不足する)、運動不足(歩行・走る・飛ぶなどの行動が不足する)

解決策

  • 屋外アクセス
  • 鶏舎内に敷料を提供(最低限土地の1/3を覆う)
  • つつき材料の提供
  • 十分な空間の提供(最低限1羽あたり5000㎠)
  • 鶏舎内に自然光、自然な明暗周期を提供
  • 砂浴び材料の提供。例、砂
  • 繁殖に適した、また休息に利用される固定された止まり木の提供
  • 十分な空間とリソースの提供(例:木々、低木、人工の小屋、床砂)

睡眠不足

現れる問題の特徴

長期間の人工照明(例、24時間照明)

解決策

  • 鶏舎には自然光を利用。
  • 少なくとも6-7時間の暗がりを提供。

取扱い及び輸送

現れる問題の特徴

手荒い取り扱いは骨折の原因となる、熱ストレス、取り扱いによる心的外傷、絶食・取水・狭い空間・知らない個体との社会的混合・雑音による心的ストレス、死亡

解決策

  • 体と羽を支え、個々に鳥を直立状態で運ぶ、または捕獲機械の利用。
  • 穏やかに静かな方法でコンテンを運ぶ。
  • 薄暗い照明の利用。
  • 移動時間を最小限に抑える。(理想は積み込み・積卸を含め4時間未満)
  • 体温調整がうまくできる在来品種の利用。
  • 輸送トラックの特別なデザインや温度モニタリングの利用(例、限界温度に達した場合の自動通知)
  • トレーニングされた運転手による注意深い運転。
  • 絶食・取水の回避(絶対に必要な場合、最大8時間飼料のみ断つ)。
  • 最小限の移動時間。
  • コンテナ内は群生を維持
  • コンテナへの積載密度(羽数)を減らす。

屠殺

現れる問題の特徴

生きたままの懸鳥による痛みや恐怖、スタニング前のショック、スタンニング失敗、スタニングされないままのネックカット、嫌悪ガス(例:二酸化炭素単体による呼吸困難、刺激)

解決策

  • 非嫌気性ガススタニングの利用
  • 生きたままの懸鳥を回避
  • まずコンテナ内で非嫌気性ガス(例:アルゴンや窒素)によるガスコントロールスタンニングの利用がより人道的である。
  • 頻繁な独立監査
  • CCTV(監視カメラ)の設置
  • 外部の動物福祉監視員の配置

ブロイラー種鶏の制限給餌

現れる問題の特徴

慢性的飢餓

解決策

  • 制限給餌の回避。
  • ゆっくり成長する品種を選択すると、種鶏の制限給餌の必要性が減る。

詳細: https://www.compassioninfoodbusiness.com

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください