ななくさの郷(松田マヨネーズ)、ケージフリー

株式会社ななくさの郷は「松田のマヨネーズ」という自然派のマヨネーズを生産している企業です。

今回問い合わせをして、ななくさの郷で使用している卵は全て平飼い卵であり、今後も会社としてこの方針を続ける予定であるということが分かりました。外資でない日本企業としては、ケージフリーの卵のみ使用するという取り組みをしている企業を初めて確認することができました。

平飼い卵を使用している理由としては、平飼い卵の方が「自然だから」ということです。

以下はななくさの郷のホームページから引用させていただきました。

何を自然と思うか?

できるだけ手を加えない。

余分なものは加えない。

できるだけ昔からの作り方をそのままやっているのが自然なのではないか。
手間はかかるけど、時間もかけて作るのが自然だと思う。

無理をしない。

自然に任せる。

作物でも、鶏の生きている環境にしても、醗酵にしても。

この企業のようにケージの中で生産された卵を使用しないとしている企業がある一方で、未だに多くの企業はケージ卵を使用しています。ケージの中で歩き回ることも羽を広げることもできず、鶏として大切な、自然な行動をとることができない鶏から産まれた卵は自然とは言えないでしょう。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください